PWAとは?メリットや活用例などをわかりやすく解説

PWAとは、Progressive Web Appの略で、Webブラウザ上で動作するアプリケーションである。

従来のWebアプリと異なり、オフラインでも利用可能であり、ネイティブアプリのような外観や操作性を実現できる。




PWAのメリット

インストール不要

PWAは、Webブラウザから直接アクセスして利用することができる。そのため、ユーザーは、アプリストアでアプリをダウンロードしたり、インストールしたりする必要がない。これにより、ユーザーの利便性が向上する。

オフラインでも利用可能

PWAは、オフラインでも利用することができる。そのため、ユーザーは、ネットワークが接続されていない環境でも、Webアプリを利用することができる。これにより、ユーザーの利便性が向上する。

高いパフォーマンス

PWAは、Webアプリでありながら、ネイティブアプリと同等のパフォーマンスを発揮する。そのため、ユーザーは、快適にWebアプリを利用することができる。

SEOに有利

PWAは、Webサイトとして扱われるため、SEOに有利である。そのため、Webサイトの検索順位を向上させることができる。

開発コストが抑えられる

PWAは、ネイティブアプリと比較して、開発コストが抑えられる。そのため、Webアプリを開発する際に、コストを抑えることができる。

PWAは、Webアプリの利便性を向上させるための技術である。これらのメリットを活かして、Webアプリの利用率や満足度を向上させることができる。

PWAのデメリット

対応ブラウザが限られる

PWAは、Webブラウザから直接アクセスして利用するため、対応ブラウザが限られる。現在、PWAに対応している主なブラウザは、以下のとおりである。

  • Chrome
  • Firefox
  • Edge
  • Safari

これらのブラウザを利用するユーザーは、PWAを利用することができる。しかし、古いバージョンのブラウザや、特定のブラウザを利用するユーザーは、PWAを利用できない可能性がある。

ネイティブアプリと同等の機能を実現できない

PWAは、Webアプリでありながら、ネイティブアプリと同等の機能を実現できない。たとえば、カメラやマイクなどのハードウェアへのアクセス、通知、バックグラウンド処理など、ネイティブアプリでしか実現できない機能は、PWAでは実現できない。

そのため、一部の機能や、特定の環境では、ネイティブアプリと同等のパフォーマンスを発揮できない可能性がある。

開発が難しい

PWAを開発するには、Webアプリの開発に加えて、PWAの技術を理解する必要がある。PWAの技術は、まだ発展途上にあり、標準化されていない部分もある。そのため、開発が難しいというデメリットがある。

PWAは、Webアプリの利便性を向上させるための技術である。しかし、デメリットを理解した上で、自社のビジネスやニーズに合ったかどうかを検討することが重要である。

PWAの活用例

PWAは、さまざまな業界で活用されている。

ECサイト

PWAは、ECサイトの顧客体験を向上させるために活用されている。オフライン対応により、ユーザーはいつでもどこでも商品を購入することができる。また、ネイティブアプリのような外観・操作性により、ユーザーは快適に商品を閲覧・購入することができる。

ニュースサイト

PWAは、ニュースサイトのユーザーエンゲージメントを向上させるために活用されている。オフライン対応により、ユーザーはネットワーク接続が不安定な場所でも、ニュースを閲覧することができる。また、ネイティブアプリのような外観・操作性により、ユーザーはニュースをより手軽に閲覧することができる。

ソーシャルメディア

PWAは、ソーシャルメディアの利用率向上のために活用されている。オフライン対応により、ユーザーはネットワーク接続が不安定な場所でも、ソーシャルメディアを利用することができる。また、ネイティブアプリのような外観・操作性により、ユーザーはソーシャルメディアをより快適に利用することができる。

PWAの作り方

PWAは、HTMLCSSJavaScriptなどのWeb開発技術を使用して作成することができる。PWAの作成方法は以下の通り。

Service Workerの登録

Service Workerは、Webサイトのオフライン動作やプッシュ通知を実現するための技術である。る。Service Workerを登録するには、以下のコードをindex.htmlファイルに追加する。

<script>
  if ('serviceWorker' in navigator) {
    navigator.serviceWorker.register('/service-worker.js', {
      scope: './',
    });
  }
</script>

Manifestの作成

Manifestは、PWAの情報を記述したファイルである。Manifestには、PWAのアイコン、タイトル、ホーム画面に追加したときの動作など、PWAに関するさまざまな情報が記述されている。Manifestを作成するには、以下のコードをmanifest.jsonファイルに記述する。

{
  "name": "PWA Sample",
  "short_name": "PWA",
  "description": "PWAの作成方法の例",
  "icons": [
    {
      "src": "/icon.png",
      "sizes": "192x192",
      "type": "image/png"
    }
  ],
  "start_url": "/index.html",
  "display": "standalone",
  "scope": "./",
  "theme_color": "#ffffff",
  "background_color": "#ffffff"
}

対応するブラウザでの動作確認

PWAを作成したら、対応するブラウザで動作確認を行う。動作確認を行うには、以下の手順に従う。

  • Webサイトを表示する。
  • ブラウザのメニューから「アプリを追加」を選択する。
  • アプリの名前やアイコンを設定する。
  • 「追加」をクリックする。

まとめ

PWAとは、Webブラウザ上で動作するアプリケーションである。従来のWebアプリと異なり、オフラインでも利用可能であり、ネイティブアプリのような外観や操作性を実現できる。

PWAには、ユーザーの利便性向上、企業のマーケティング効果向上、開発コストの削減などのメリットがある。

PWAの普及により、Webアプリは、より多くのユーザーに利用されるようになるだろう。また、PWAの活用により、企業は、より効果的なマーケティングを行うことができるようになるだろう。

タイトルとURLをコピーしました