HTTPとは?種類などをわかりやすく解説

HTTP(HyperText Transfer Protocol)とは、WebブラウザとWebサーバの間でWeb情報をやり取りするためのプロトコルである。




HTTPの概要

HTTPは、Webページの表示や操作、ファイルのダウンロードなど、WebブラウザとWebサーバ間の通信を行うための通信規則である。WebブラウザからWebサーバに対してリクエスト(要求)を送り、Webサーバからリクエストに応じたレスポンス(応答)を受け取ることによって、WebブラウザはWebページを表示したり、ファイルのダウンロードを行ったりすることができる。

HTTPは、リクエストとレスポンスの2つの要素から構成される。

  • リクエストとは、WebブラウザからWebサーバに対して送信される要求である。リクエストには、リクエストの種類やリクエストの対象、リクエストの条件などに関する情報が含まれる。
  • レスポンスとは、WebサーバからWebブラウザに対して送信される応答である。レスポンスには、リクエストの処理結果や、リクエストに応じたデータなどに関する情報が含まれる。

HTTPリクエストの種類

HTTPリクエストの種類は、リクエストの目的によって分類される。

最も一般的なリクエストは、GETリクエストである。GETリクエストは、リソースを取得するために使用される。

POSTリクエストは、リソースを送信するために使用される。POSTリクエストでは、ボディにデータを含めることができる。

PUTリクエストは、リソースを更新するために使用される。PUTリクエストでは、ボディに更新データを含めることができる。

DELETEリクエストは、リソースを削除するために使用される。

HTTPリクエストの構成

HTTPリクエストは、以下の3つの要素で構成される。

  • リクエスト行
  • ヘッダーフィールド
  • ボディ

リクエスト行

リクエスト行は、リクエストの種類、リソースのURL、HTTPバージョンを示す。

リクエストの種類には、以下のようなものがある。

  • GET:リソースを取得する
  • POST:リソースを送信する
  • PUT:リソースを更新する
  • DELETE:リソースを削除する

ヘッダーフィールド

ヘッダーフィールドは、リクエストに関する追加情報を示す。

ヘッダーフィールドには、以下のようなものがある。

  • Host:リソースを提供するサーバのホスト名とポート番号
  • User-Agent:クライアントの種類とバージョン
  • Accept:クライアントが受信可能なコンテンツの種類

ボディ

ボディは、リクエストに付随するデータである。

ボディには、以下のようなものがある。

  • フォームデータ
  • 画像データ
  • テキストデータ

HTTPリクエストの応答

HTTPレスポンスは、以下の3つの要素で構成される。

  • ステータスコード
  • ヘッダーフィールド
  • ボディ

ステータスコード

ステータスコードは、HTTPリクエストが成功したか失敗したかを示す。

ステータスコードには、以下のようなものがある。

  • 200 OK:リクエストが成功
  • 400 Bad Request:リクエストが不正
  • 500 Internal Server Error:サーバエラー

ヘッダーフィールド

HTTPレスポンスのヘッダーフィールドは、HTTPリクエストの応答に関する追加情報を示す。

ボディ

HTTPレスポンスのボディは、リクエストに対する応答のデータである。

まとめ

HTTPリクエストは、Webコンテンツの伝送を行うHTTPで、クライアントからサーバへ要求を伝えるメッセージである。HTTPリクエストは、リクエストの種類、リソースのURL、HTTPバージョン、ヘッダーフィールド、ボディの5つの要素で構成される。HTTPリクエストの種類は、リクエストの目的によって分類される。HTTPリクエストに対する応答は、HTTPレスポンスと呼ばれる。

HTTPレスポンスの種類

HTTPレスポンスの種類は、ステータスコードによって分類される。

最も一般的なレスポンスは、200 OKレスポンスである。200 OKレスポンスは、リクエストが成功したことを示す。

400 Bad Requestレスポンスは、リクエストが不正であることを示す。

500 Internal Server Errorレスポンスは、サーバ側のエラーであることを示す。

また、HTTPの通信内容を暗号化する拡張プロトコルとしてHTTPS(HyperText Transfer Protocol Secure)がある。HTTPS通信を行うWebサイトには、以下のメリットがある。

  • 通信内容の暗号化により、クレジットカード情報やパスワードなどの重要な情報を入力する際に、セキュリティが向上する。
  • 検索エンジンからの評価が高まる。

HTTPS通信を行うWebサイトは、URLの最初の部分が「https://」となっている。

HTTPレスポンスの構成

HTTPレスポンスについてもHTTPリクエストと同様、以下の3つの要素で構成される。

  • ステータス行
  • ヘッダーフィールド
  • ボディ

ステータス行

ステータス行は、HTTPリクエストに対する応答を示す。ステータスコードは、HTTPリクエストが成功したか失敗したかを示す3桁の数字からなるコードである。

ステータスコードには、以下のようなものがある。

  • 200 OK:リクエストが成功
  • 400 Bad Request:リクエストが不正
  • 500 Internal Server Error:サーバエラー

ヘッダーフィールド

ヘッダーフィールドは、HTTPリクエストの応答に関する追加情報を示す。ヘッダーフィールドには、以下のようなものがある。

  • Content-Type:ボディのコンテンツの種類
  • Content-Length:ボディの長さ
  • Content-Encoding:ボディのエンコード形式

ボディ

ボディは、HTTPリクエストに対する応答のデータである。ボディには、以下のようなものがある。

  • テキストデータ
  • 画像データ
  • 音声データ
  • 動画データ

HTTPS

また、HTTPの通信内容を暗号化する拡張プロトコルとしてHTTPS(HyperText Transfer Protocol Secure)がある。HTTPS通信を行うWebサイトには、以下のメリットがある。

  • 通信内容の暗号化により、クレジットカード情報やパスワードなどの重要な情報を入力する際に、セキュリティが向上する。
  • 検索エンジンからの評価が高まる。

HTTPS通信を行うWebサイトは、URLの最初の部分が「https://」となっている。

まとめ

HTTPは、WebブラウザとWebサーバの間でWeb情報をやり取りするためのプロトコルである。また、HTTPSは、HTTPの通信内容を暗号化するプロトコルである。いずれのプロトコルも、Webページの利用が拡大していくにつれて、HTTPの重要性はますます高まっていくと考えられる。

タイトルとURLをコピーしました