サイバーレジリエンスとは?メリットや活用例・対策をわかりやすく解説

サイバーレジリエンスとは、サイバー攻撃を受けた際に、その影響を最小限に抑え、迅速に復旧する能力である。

近年、サイバー攻撃の脅威はますます高度化・複雑化している。従来のセキュリティ対策では、サイバー攻撃を完全に防ぐことは困難である。そこで、サイバー攻撃を受けた際にも、被害を最小限に抑え、迅速に復旧する能力が求められるようになってきた。




サイバーレジリエンスの要素

サイバーレジリエンスを高めるためには、以下の要素を強化することが重要である。

1. 予防

サイバー攻撃を未然に防ぐことが、サイバーレジリエンスを高める上で最も重要な要素である。予防策としては、以下のようなものが挙げられる。

  • セキュリティ対策の強化:脆弱性対策やアクセス制御などのセキュリティ対策を強化する。
  • 教育・啓発の実施:従業員に対するセキュリティ教育や啓発を実施する。
  • BCP・DRの策定:事業継続計画(BCP)や災害復旧計画(DR)を策定する。

2. 検知・対応

サイバー攻撃を検知し、迅速に対応することも重要である。検知・対応策としては、以下のようなものが挙げられる。

  • セキュリティ監視の実施:ネットワークやシステムを監視し、異常を検知する。
  • インシデント対応体制の整備:インシデントが発生した場合に迅速に対応できる体制を整備する。

3. 復旧

サイバー攻撃による被害を最小限に抑えるためには、迅速な復旧も重要である。復旧策としては、以下のようなものが挙げられる。

  • バックアップの確保:システムやデータのバックアップを定期的に確保する。
  • 冗長化の実施:システムやネットワークを冗長化することで、障害が発生しても影響を最小限に抑える。

サイバーレジリエンスのメリット

1. 事業継続性の向上

サイバー攻撃による被害を最小限に抑えることができれば、事業の継続性を高めることができる。サイバー攻撃によってシステムが停止したり、データが消失したりした場合でも、迅速に復旧することで、事業の停止を最小限に抑えることができる。

2. 顧客信頼の維持

サイバー攻撃によって顧客情報が漏洩したり、システムが停止したりした場合、顧客の信頼を失う可能性がある。サイバーレジリエンスを高めることで、サイバー攻撃への対策を万全にし、顧客の信頼を維持することができる。

3. コストの削減

サイバー攻撃による被害を最小限に抑えることで、修復や復旧にかかるコストを削減することができる。また、サイバー攻撃の脅威を減らすことで、保険料やセキュリティ対策にかかるコストを削減することができる。

4. 企業価値の向上

サイバーレジリエンスは、企業の競争力や価値を高める上で重要な要素である。サイバーレジリエンスを高めることで、企業のブランドイメージや社会的責任が向上し、企業価値の向上につながる。

サイバーレジリエンスの活用例

1. 金融業界

金融業界は、サイバー攻撃の脅威が高い業界の一つである。金融機関では、顧客情報や取引情報などの重要な情報が扱われているため、サイバー攻撃を受けた場合の被害は甚大である。

金融機関では、サイバーレジリエンスを高めるために、以下の取り組みを行っている。

  • セキュリティ対策の強化:脆弱性対策やアクセス制御などのセキュリティ対策を強化する。
  • 教育・啓発の実施:従業員に対するセキュリティ教育や啓発を実施する。
  • BCP・DRの策定:事業継続計画(BCP)や災害復旧計画(DR)を策定する。

例えば、ある大手銀行では、セキュリティ対策を強化するため、最新のセキュリティ製品の導入や、従業員に対するセキュリティ教育の強化を実施している。また、BCP・DRの策定においては、サイバー攻撃による被害を想定したシナリオを作成して、迅速な復旧体制を整えている。

2. 製造業

製造業では、製造ラインの制御システムや、製造データなどの重要な情報が扱われている。サイバー攻撃によってこれらのシステムやデータが被害を受けた場合、生産停止や製品の品質低下などの重大な被害が発生する可能性がある。

製造業では、サイバーレジリエンスを高めるために、以下の取り組みを行っている。

  • セキュリティ対策の強化:脆弱性対策やアクセス制御などのセキュリティ対策を強化する。
  • 冗長化の実施:システムやネットワークを冗長化することで、障害が発生しても影響を最小限に抑える。
  • BCP・DRの策定:事業継続計画(BCP)や災害復旧計画(DR)を策定する。

例えば、ある大手製造業では、セキュリティ対策を強化するため、製造ラインの制御システムに冗長化を導入した。また、BCP・DRの策定においては、サイバー攻撃による被害を想定したシナリオを作成して、迅速な復旧体制を整えている。

3. 政府機関

政府機関は、国民の安全や生活を守る重要な役割を担っている。サイバー攻撃を受けた場合、国民の生命や財産に重大な被害を与える可能性がある。

政府機関では、サイバーレジリエンスを高めるために、以下の取り組みを行っている。

  • セキュリティ対策の強化:脆弱性対策やアクセス制御などのセキュリティ対策を強化する。
  • BCP・DRの策定:事業継続計画(BCP)や災害復旧計画(DR)を策定する。
  • 情報共有の強化:政府機関や民間企業間での情報共有を強化する。

例えば、ある政府機関では、セキュリティ対策を強化するため、最新のセキュリティ製品の導入や、従業員に対するセキュリティ教育の強化を実施している。また、BCP・DRの策定においては、サイバー攻撃による被害を想定したシナリオを作成して、迅速な復旧体制を整えている。

サイバーレジリエンスを高める方法

サイバーレジリエンスを高めるためには、以下の3つのポイントを押さえることが重要である。

  1. 脅威の侵入を防ぐ

脅威が侵入しなければ、サイバー攻撃による被害を最小限に抑えることができる。そのためには、以下の対策を講じることが重要である。

  • セキュリティ対策ソフトの導入・運用
  • 情報資産の棚卸しとリスク評価
  • アクセス制御の強化
  • 脆弱性の管理
  1. 脅威の侵入を検知する

脅威が侵入した場合でも、早期に検知できれば、被害を拡大させずに対処することができる。そのためには、以下の対策を講じることが重要である。

  • ログ監視の実施
  • 異常検知システムの導入
  • インシデント対応訓練の実施
  1. 被害に遭っても迅速に対応する

被害に遭った場合でも、迅速に対応できれば、事業への影響を最小限に抑えることができる。そのためには、以下の対策を講じることが重要である。

  • インシデント対応計画の策定
  • 関係者との連携体制の構築
  • 事業継続計画(BCP)の策定

サイバーレジリエンスの具体的な対策

具体的な対策としては、以下のような方法が挙げられる。

  • セキュリティ対策ソフトの導入・運用

セキュリティ対策ソフトは、ウイルスやマルウェアなどの脅威を検知・防御する役割を持つ。OSアプリケーションの最新バージョンへのアップデート、セキュリティ対策ソフトの設定の見直しなども合わせて行うことで、より効果的な対策を講じることができる。

  • 情報資産の棚卸しとリスク評価

企業が保有する情報資産の棚卸しを行い、その重要度や脆弱性を評価することで、優先的に対策を講じるべき情報資産を特定することができる。

  • アクセス制御の強化

不正アクセスを防止するために、アクセス制御の強化を行う必要がある。具体的には、ID・パスワードの管理や、IPアドレスや端末の制限などを実施する。

  • 脆弱性の管理

ソフトウェアOSなどの脆弱性を放置しておくと、サイバー攻撃の侵入経路となりかねない。そのため、脆弱性を定期的にチェックし、早期に対策を行うことが重要である。

  • ログ監視の実施

システムのログやネットワークの通信ログなどを監視することで、異常な動きをいち早く検知することができる。

  • 異常検知システムの導入

異常検知システムを導入することで、ログ監視では検知できないような異常な動きも検知することができる。

  • インシデント対応訓練の実施

インシデントが発生した場合に備えて、インシデント対応訓練を実施することで、関係者が迅速かつ適切に対応できるようになる。

  • インシデント対応計画の策定

インシデントが発生した場合に備えて、インシデント対応計画を策定しておくことにより、迅速かつ適切な対応が可能となる。

  • 関係者との連携体制の構築

インシデントが発生した場合に備えて、関係者との連携体制を構築しておくことにより、迅速かつ適切な対応が可能となる。

  • 事業継続計画(BCP)の策定

インシデントによって事業に影響が生じた場合に備えて、事業継続計画(BCP)を策定しておくことにより、事業を継続させることができる。

サイバーレジリエンスを高めることは、一朝一夕でできることではない。しかし、継続的な取り組みによって、サイバー攻撃による被害を最小限に抑えることができる。

まとめ

サイバーレジリエンスは、サイバー攻撃を受けた際に、その影響を最小限に抑え、迅速に復旧する能力である。サイバー攻撃の脅威は常に変化するため、常に最新の情報を収集し、対策をアップデートしていくことが重要である。

近年、サイバー攻撃の脅威はますます高度化・複雑化しているため、サイバーレジリエンスを高めることは、企業にとって重要な経営課題となっている。

タイトルとURLをコピーしました