マルウェアとは?種類や対策などをわかりやすく解説

マルウェアとは、コンピュータやその利用者に被害をもたらすことを目的とした、悪意のあるソフトウェアの総称である。




マルウェアの種類

ウイルス

ウイルスは、他のソフトウェアに自己複製するプログラムである。ウイルスに感染したソフトウェアを実行すると、ウイルスが他のソフトウェアに感染し、感染が拡大していく。ウイルスは、データの破壊やシステムの停止など、さまざまな被害を引き起こす可能性がある。

ワーム

ワームは、ネットワークを介して自己複製するプログラムである。ワームは、ネットワーク上のコンピューターからコンピューターに感染し、感染が拡大していく。ワームは、ウイルスよりも拡散速度が速く、被害範囲が広い。

トロイの木馬

トロイの木馬は、正当なソフトウェアに偽装したマルウェアである。トロイの木馬は、ユーザーに意図せずインストールさせ、コンピューターやネットワークに不正アクセスしたり、データを盗んだり、システムを破壊したりする。

スパイウェア

スパイウェアは、ユーザーの行動を監視するマルウェアである。スパイウェアは、ユーザーのWeb閲覧履歴やログイン情報などを盗み、第三者に送信する。スパイウェアは、ユーザーのプライバシーを侵害したり、詐欺被害に遭わせたりする可能性がある。

マルウェアの感染経路

メールの添付ファイル

メールの添付ファイルにマルウェアが仕込まれている場合がある。マルウェアに感染したメールの添付ファイルは、開くとコンピューターに感染してしまう。

マルウェアに感染したメールの添付ファイルは、以下のような特徴がある。

  • 件名が怪しい
  • 送信元が不明
  • 身に覚えのないメール
  • 本文が短い
  • 添付ファイルの拡張子が「.exe」や「.zip」など

これらの特徴に当てはまるメールの添付ファイルは、開かないように注意する必要がある。

フィッシングサイト

フィッシングサイトは、正規のWebサイトに偽装したサイトである。フィッシングサイトにアクセスすると、マルウェアがダウンロードされる場合がある。

フィッシングサイトは、以下のような特徴がある。

  • 有名な企業や組織のWebサイトに似ている
  • ログイン画面や決済画面など、重要な情報が入力できるページがある
  • 日本語がおかしい

これらの特徴に当てはまるWebサイトは、フィッシングサイトの可能性があるので、アクセスしないように注意する必要がある。

不正なソフトウェア

不正なソフトウェアをインストールすると、マルウェアがインストールされる場合がある。不正なソフトウェアは、以下のような特徴がある。

  • 無料でダウンロードできる
  • 違法な海賊版ソフト
  • 怪しいWebサイトからダウンロードできる

これらの特徴に当てはまるソフトウェアは、不正なソフトウェアの可能性があるので、インストールしないように注意する必要がある。

脆弱性を突いた攻撃

ソフトウェアの脆弱性を突いた攻撃によって、マルウェアに感染することがある。ソフトウェアの脆弱性は、ソフトウェアの開発時に仕込まれた不具合である。

ソフトウェアの脆弱性を突いた攻撃は、以下のような方法で行われる場合がある。

  • 脆弱性を突いたマルウェアを送りつける
  • 脆弱性を突いたWebサイトを作成して、アクセスさせようとする

ソフトウェアの脆弱性は、ソフトウェアの開発元が修正パッチを公開することで対策することができる。最新のソフトウェアに更新して、脆弱性による感染を防ぐ必要がある。

マルウェアの被害

データの破壊や改ざん

マルウェアに感染したコンピューター内のデータが破壊されたり、改ざんされたりする可能性がある。データの破壊や改ざんは、企業や個人にとって大きな損害となる。

システムの停止

マルウェアに感染したコンピューターやネットワークのシステムが停止する可能性がある。システムの停止は、企業や組織の業務に大きな支障をきたす。

情報の漏洩

マルウェアに感染したコンピューター内の情報が盗まれる可能性がある。情報の漏洩は、企業や個人の信用を失墜させるだけでなく、金銭的な損害や犯罪被害につながる。

遠隔操作による不正行為

マルウェアに感染したコンピューターやネットワークを遠隔操作され、不正な行為が行われる可能性がある。不正行為には、データの盗み取りやシステムの破壊、詐欺などが挙げられる。

マルウェアの対策

セキュリティソフトの導入と最新版への更新

セキュリティソフトは、マルウェアを検知して防ぐための重要な対策である。セキュリティソフトは、複数のセキュリティ対策を組み合わせることで、より効果的にマルウェアを防ぐことができる。

セキュリティソフトを導入する際には、以下の点に注意する。

  • マルウェアの検知率が高いものを選ぶ
  • ウイルス対策だけでなく、不正アクセス対策やフィッシング対策などの機能を備えたものを選ぶ
  • 最新版に常に更新しておく

不審なメールやサイトへのアクセスを避ける

メールの添付ファイルやフィッシングサイトは、マルウェア感染の代表的な経路である。不審なメールやサイトへのアクセスは、避けるようにする。

パスワードの管理を徹底する

パスワードを使い回していると、マルウェアにパスワードを盗まれるリスクが高まる。パスワードは、各サービスごとに異なるパスワードを設定するようにする。

パスワードを設定するときの注意点としては、以下のようなものが挙げられる。

  • 英数字だけでなく、記号も含めて、複雑なパスワードを設定する
  • 簡単に推測できないパスワードを設定する
  • 定期的にパスワードを変更する

ソフトウェアのアップデートをこまめに行う

ソフトウェアのアップデートには、脆弱性を修正する内容が含まれることがある。ソフトウェアのアップデートは、こまめに行うようにする。

ソフトウェアのアップデートの通知が届いたら、すぐにアップデートを行うようにする。また、ソフトウェアの開発元のWebサイトを定期的にチェックして、最新のアップデート情報を確認するようにする。

セキュリティ意識の向上

セキュリティ意識を高めることも、マルウェアの被害を防ぐために重要である。マルウェアの種類や感染経路、対策方法などを理解しておくようにする。

マルウェアの被害を防ぐために、複数の対策を組み合わせて、総合的な対策を講じることが重要である。

まとめ

マルウェアは、コンピュータやその利用者に被害をもたらす、悪意のあるソフトウェアである。マルウェアの種類は多岐にわたるため、それぞれの特徴を理解し、適切な対策を講じることが重要である。

マルウェアを学ぶのにおすすめの書籍

タイトルとURLをコピーしました