5Gとは?特徴などをわかりやすく解説

5Gとは、第5世代移動通信システム(5th Generation Mobile Communication System)の略称で、4Gに続く次世代の通信規格である。2020年3月に日本で商用サービスが開始され、現在も普及が進んでいる。




5Gの特徴

5Gの特徴は、大きく分けて「高速大容量」「低遅延」「多数接続」の3つが挙げられる。

高速大容量

5Gの最大通信速度は、4Gの約20倍の最大20Gbpsに達する。これは、光ファイバーと同等の速度であり、高画質な動画の視聴や、大容量データのダウンロード・アップロードを快適に行うことができる。

低遅延

5Gの遅延は、4Gの約10分の1の1ミリ秒以下に抑えられる。これは、オンラインゲームや、自動運転などのリアルタイム制御を実現するために重要な要素である。

多数接続

5Gは、1つの基地局で同時に接続できる端末数を、4Gの約10倍の10万台にまで拡大できる。これは、IoT(Internet of Things)の普及や、スマートシティの実現に欠かせない。

5Gのこれらの特徴により、次のような新しいサービスの実現が期待されている。

  • 8KやVR/ARなどの高精細な映像コンテンツの配信
  • 自動運転や遠隔医療などのリアルタイム制御
  • 工場や物流の自動化などのIoT
  • スマートシティやメタバースなどの新たな社会インフラ

5Gは、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めた次世代の通信規格である。今後の普及がどのように進むのか、注目していきたい。

5Gの技術

5Gは、高速大容量、低遅延、多数同時接続という3つの特徴を実現するために、以下の技術を活用している。

Network Slicingは、ネットワークを仮想的に分割する技術である。これにより、用途やサービスごとに最適なネットワークを構築することが可能になる。

NR(New Radio)

NRは、5Gの無線通信方式である。4GのLTEに比べて、以下の特徴を持つ。

  • より高速・大容量:最大伝送速度は4Gの約20倍の20Gbpsに達する
  • より低遅延:遅延は4Gの約10分の1の1ミリ秒以下に抑えられる
  • より広帯域:周波数帯域を広く利用することで、より多くのデバイスを接続することが可能になる

NRは、以下の2つの周波数帯域を利用する。

  • Sub-6 GHz帯:4Gで利用されている周波数帯域と同様に、6GHz以下の周波数帯域を利用する。
  • ミリ波帯:6GHz以上の周波数帯域を利用する。Sub-6 GHz帯に比べて高速・大容量な通信が可能だが、障害物に弱いという課題がある。

Massive MIMO

Massive MIMOは、基地局に多数のアンテナを配置する技術である。これにより、以下のメリットがある。

  • 複数のユーザーとの同時接続を効率化できる
  • 伝送速度を向上させることができる
  • 信号の品質を向上させることができる

Massive MIMOでは、数百本から数千本のアンテナを配置する。これにより、基地局の面積を大幅に縮小することが可能になる。

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングは、データ処理を基地局や端末の近くで行う技術である。これにより、以下のメリットがある。

  • 遅延を抑えることができる
  • ネットワークの負荷を軽減できる
  • セキュリティを向上させることができる

エッジコンピューティングでは、基地局や端末にコンピュータを搭載する。これにより、データ処理を基地局や端末の近くで行うことができる。

Network Slicing

Network Slicingは、ネットワークを仮想的に分割する技術である。これにより、用途やサービスごとに最適なネットワークを構築することが可能になる。

Network Slicingでは、ネットワークを仮想的なチャネルに分割する。これにより、用途やサービスごとに独立したネットワークを構築することができる。

5Gの技術は、高速大容量、低遅延、多数同時接続という3つの特徴を実現するために、さまざまな技術を組み合わせて実現している。これらの技術により、5Gはさまざまな分野で新たなサービスを実現し、社会を大きく変革していくことが期待されている。

5Gの課題

  • コスト

5Gの基地局の設置には、高額な費用がかかる。また、5Gに対応した端末も、まだ高価な傾向にある。

  • 周波数帯域

5Gは、高速大容量通信を実現するために、広い周波数帯域を必要とする。しかし、周波数帯域は限られており、各国で競合が激しくなっている。

  • セキュリティ

5Gは、大量のデータを高速で伝送するため、セキュリティリスクが高まる。サイバー攻撃や情報漏洩などの対策が求められる。

  • 電力消費

5Gは、4Gに比べて電力消費が多い。基地局の設置や運用に伴う電力消費の増加が懸念されている。

まとめ

5Gの技術は、高速大容量、低遅延、多数同時接続という3つの特徴を実現するために、さまざまな技術を組み合わせて実現している。5Gはまだ普及初期段階であり、課題もいくつか存在するが、今後さまざまな分野で新たなサービスを実現し、社会を大きく変革していくことが期待されている。

タイトルとURLをコピーしました