クラウドファーストとは?メリットなどをわかりやすく解説

クラウドファーストとは、情報システムの導入・更新の際に、クラウドサービスを第一に検討する考え方である。




クラウドファーストのメリット

1. 導入までの期間が短い

クラウドサービスは、オンプレミス型のシステムと比較して、導入までの期間が短い。これは、クラウドサービス事業者が、ハードウェアソフトウェアの調達、設置、運用などの作業を代行してくれるためである。

例えば、オンプレミス型のシステムを導入する場合、サーバーの調達や設置、ネットワークの構築、ソフトウェアのインストールや設定など、多くの作業が必要となる。これらの作業には、専門的な知識やスキルが必要であり、また、一定の期間を要する。

一方、クラウドサービスの場合は、これらの作業をクラウドサービス事業者が代行してくれるため、企業はシステムの要件を定義するだけでよい。そのため、導入までの期間を大幅に短縮することができる。

2. 仕様の変更が簡単

クラウドサービスは、仕様の変更が容易である。これは、クラウドサービス事業者が、システムの運用を代行してくれるためである。

例えば、オンプレミス型のシステムの仕様を変更する場合、サーバーの再構築やソフトウェアの再インストールなどの作業が必要となる。これらの作業には、専門的な知識やスキルが必要であり、また、一定のコストが発生する。

一方、クラウドサービスの場合は、クラウドサービス事業者が仕様の変更を代行してくれるため、企業は要件を変更するだけでよい。そのため、仕様の変更を迅速かつ容易に行うことができる。

3. 運用の負担を軽減できる

クラウドサービスは、運用の負担を軽減することができる。これは、クラウドサービス事業者が、システムの運用を代行してくれるためである。

オンプレミス型のシステムの運用には、サーバーの監視やメンテナンス、ソフトウェアのアップデートなどの作業が必要となる。これらの作業には、専門的な知識やスキルが必要であり、また、一定のコストが発生する。

一方、クラウドサービスの場合は、クラウドサービス事業者が運用を代行してくれるため、企業は運用の負担を軽減することができる。

4. 初期費用を抑えられる

クラウドサービスは、初期費用を抑えることができる。これは、クラウドサービス事業者が、ハードウェアやソフトウェアの調達や設置などの費用を負担してくれるためである。

オンプレミス型のシステムを導入する場合、サーバーの調達や設置、ソフトウェアの購入などの費用が発生する。これらの費用は、初期費用としてまとまった金額が発生する。

一方、クラウドサービスの場合は、これらの費用をクラウドサービス事業者が負担してくれるため、企業は初期費用を抑えることができる。

5. BCP対策になる

クラウドサービスは、BCP対策になる。これは、クラウドサービス事業者が、複数のデータセンターを保有しており、また、障害が発生した場合に、自動的に別のデータセンターに切り替えることができるためである。

オンプレミス型のシステムの場合、災害や障害が発生した場合、システムが停止する可能性がある。また、復旧には時間とコストがかかる場合がある。

一方、クラウドサービスの場合は、クラウドサービス事業者がBCP対策を実施しているため、災害や障害が発生した場合でも、システムを継続して利用することができる。

このように、クラウドファーストには、導入までの期間の短縮、仕様の変更の容易さ、運用の負担の軽減、初期費用の抑制、BCP対策の実現など、多くのメリットがある。

クラウドファーストを採用することで、企業はITシステムの導入や運用を効率的かつ効果的に行うことができる。

クラウドファーストのデメリット

1. セキュリティリスクがある

クラウドサービスは、インターネット上で提供されるため、セキュリティリスクが存在する。

オンプレミス型のシステムの場合、企業の内部ネットワーク内にシステムを構築するため、外部からのアクセスを制限することができる。

一方、クラウドサービスの場合は、インターネット経由でアクセスするため、外部からの攻撃を受ける可能性がある。

そのため、クラウドサービスの利用に当たっては、セキュリティ対策を十分に講じる必要がある。

2. ランニングコストが膨らむ可能性がある

クラウドサービスは、利用した分だけ料金が発生するため、ランニングコストが膨らむ可能性がある。

オンプレミス型のシステムの場合、初期費用はかかるものの、ランニングコストは比較的低い。

一方、クラウドサービスの場合は、初期費用は抑えられるものの、利用量が多いとランニングコストが膨らむ可能性がある。

3. データの可用性が低下する可能性がある

クラウドサービスは、クラウドサービス事業者が提供するデータセンターで運用される。

オンプレミス型のシステムの場合、企業が自社のデータセンターで運用するため、データの可用性は高くなる。

一方、クラウドサービスの場合は、クラウドサービス事業者の都合により、データセンターの移転やメンテナンスが行われることがある。

そのため、データの可用性が低下する可能性がある。

そのため、クラウドサービスを利用する際には、データの可用性についても考慮する必要がある。

4. クラウド人材の確保が難しい

クラウドサービスの利用には、専門的な知識やスキルが必要となる。

オンプレミス型のシステムの場合、自社で運用する人員を配置すればよい。

一方、クラウドサービスの場合は、クラウドサービス事業者からサポートを受けることができるが、自社で運用する場合は、クラウド人材の確保が必要となる。

クラウドファーストの具体的な進め方

クラウドファーストを実現するためには、以下のステップを踏む必要がある。

  1. 現行システムの評価

まず、現行システムの課題や要件を洗い出し、クラウド化の可能性を検討する。

  1. クラウドサービスの選定

クラウド化の可能性が高いシステムについては、クラウドサービスを選定する。クラウドサービスの選定にあたっては、コスト、機能、セキュリティなどを考慮する必要がある。

  1. 移行計画の策定

クラウドサービスへの移行計画を策定する。移行計画では、移行のスケジュールや方法、移行後の運用体制などを定める。

  1. 移行の実行

移行計画に従って、クラウドサービスへの移行を実行する。

  1. 運用体制の構築

クラウドサービスへの移行後は、運用体制を構築する。クラウドサービスは、オンプレミス型のシステムと比べて、運用が容易であるが、適切な運用体制を構築することで、システムの安定稼働を実現できる。

まとめ

クラウドファーストは、情報システムの導入・更新において、クラウドサービスを第一に検討する考え方である。クラウドファーストには、初期費用や運用コストの削減、柔軟性と拡張性の向上、セキュリティの向上などのメリットがある。一方で、セキュリティに関するリスクやデータの可用性・可視性の低下などのデメリットもある。

クラウドファーストを実現するためには、現行システムの評価、クラウドサービスの選定、移行計画の策定、移行の実行、運用体制の構築などのステップを踏む必要がある。

クラウドファーストの導入を検討する際は、メリットとデメリットを十分に理解した上で、慎重に判断することが重要である。

タイトルとURLをコピーしました